歌の泉

心からのため息をつこう

今日は、呼吸の重要性について、のお話。
つまらないかも知れんけど、大事なことだから読んでいっておくれよ。

歌を本格的に習い始めて、最初にGaryから教えられたのがブレス、つまり呼吸だった。

意気揚々とボーカルトレーニングを受けにいってみたら、まずブレスなんて地味なことから始まるもんだから、ちょっとがっかりしたのを覚えている。歌ですらないじゃん!!ってね。まー、でも今ならわかるよ。めちゃくちゃ大事。とにかく大事。それは歌っていて身に沁みてわかったから、今では私も一番最初に伝えている。ブレス、呼吸の重要性。これ意外と見落とすとこなんだよなー。私もそうだったけど。

呼吸をコントロールするために普段から意識していること。

どんなに喉が強かろうがいい声が出ようが、息に乗らなかったら声は出ないし歌は歌えない。

そんなの言われたら当たり前のことなんだけど、当たり前のこと=無意識にしていることを「意識して」コントロールするのって案外難しかったりするのよ。だってほとんど人って呼吸を無意識にしてるじゃん。だって呼吸止めちゃったら死ぬし。

生命維持のためではなく、歌を歌うために呼吸をコントロールする。そのために私が普段から意識していること。

 

それは、ため息をつくこと。

「ため息ひとつつく毎に、幸せがひとつ逃げていく。」と言うのを聞いたことがあるように、ため息ってのはネガティブな響きがある。

浮かない顔、心配事で頭いっぱい、ついため息のひとつも出ちゃう。みたいな。

言い方変えると、深呼吸というのもある。こっちだってため息と似た呼吸に関する行動を表すにも関わらず、ため息とは一転ポジティブな響きを持つよね。なんでなんだろ?

深呼吸も悪くない。けれど、歌う私はため息が好き。

ちなみに私はため息推奨派。ネガティブなんかじゃないやい。まぁポジティブでもないけど。

そもそも何が違うのか。はっきりとテクニカルな違いがあるかは調べるのもめんどくさいのでわからんのだけど、私のイメージでは、ため息は息を吐く方にフォーカスがあり、深呼吸は吸う方にフォーカスがあるって感じがするんだけどどうかね?

ため息を表す擬音は「はぁ。」これって明らかに吐いてる音だし。森林で深呼吸って言ったらマイナスイオン含んだキレイな酸素を吸ってるイメージじゃない?はぁああああって木に向かって二酸化炭素吐いてるって感じじゃないように思うんだわ。

そういう意味だと捉えるなら、私はやっぱりため息推奨派!

なんでかってーと理由は単純明快。息を吐きながら歌うから。吸いながら歌う人もいるかも知れないけど。。。少なくとも私はしないので。

 

ため息を大きくつきながら、息を吐くことを意識的にコントロールする。長く吐いてみたり、吐くスピードを変えてみたりする。

これがまた最後の方は苦しいんだけど、吐き切ると息ってブワッて体の中に入ってくるのよ。これは生命維持の本能の力が働いているからだと思うのだけど、この力を利用してリズムよくスピーディにブレスをする練習にもなる。歌う時はあまり時間をかけずに出来るだけ多く吸いたいからね。

後はため息に声を乗せてみたりして。ぼんやりと家で海外ドラマ観てる時、料理してる時、化粧してる時なんかの、なんでもない時間ををブレスをコントロールするトレーニングの時間に当ててます。

あとは、ヨガね。なんてったってヨガは呼吸が一番大事だから。私はこれで呼吸を意識するのを学んだもんね。ヨガは吸うのも吐くのも両方等しく重要なんだけどね。息を吐くのを重視してるのは、あくまでも歌う人間の立場からってことで。

 

たくさんの愛を吸い込んで、たくさんの愛を吐き出そう。

ヨガインストラクターのお友達が教えてくれた、Adrieneというヨガ系YouTuber。

その人がいつも言う言葉なんだけど

"Lots of love in, and lots of love out."

吸う空気があるって当たり前じゃないんだなぁ。この空気も愛なんだなぁって気付かされるから好き。

吸うにしても吐くにしても、その息は愛。

ため息のネガティブキャンペーンを打ち破るステキな考えだと思うわ。幸せが逃げるなんてデタラメだね!

 

ため息。

お金もかからんし、今すぐ出来る。気持ちも切り替えられるし、スッキリする。

こいつはおすすめです。

 

 

-歌の泉

Copyright© Izmi , 2020 All Rights Reserved.